上品なイメージ

胡蝶蘭には上品なイメージがあるもので、この上品なイメージが贈り物としての花で定番となっているのが事実です。凛とした気品に溢れており、そこにあるだけで豪華な雰囲気となります。その為、ビジネスの場で重宝されているのが事実です。祝い事限定でどういった花を贈るかに迷った時には、胡蝶蘭を選択すればまず間違いないと言っても過言ではありません。胡蝶蘭は暖かい地域にしか生息しない貴重なお花だった事が、上品なイメージが浸透した大きな理由になります。

高級な雰囲気のお店の開店祝いに選択される方は非常に多いです。そしていつもお世話になっている上品なイメージの女性にも胡蝶蘭はピッタリです。胡蝶蘭を贈り物とする事を考えるのなら、こういったシーンがおすすめです。胡蝶蘭の色ごとにそれぞれで花言葉あるものの、全てに共通する花言葉は幸福が飛んでくるです。人生の節目のお祝いに特に喜ばれるギフトであるのは間違いありません。

祝い事の場においては、胡蝶蘭を贈り物とするのはおすすめであって、嫌な気持ちをさせる事はありません。胡蝶蘭が室内で育てやすくて、贈られた方にとって負担が少ないという事も、胡蝶蘭が贈り物として人気となっている理由の一つです。

愛と美の象徴として

胡蝶蘭の正式な学名はファレノプシス・アフロディーテです。これは、愛と美の女神アフロディーテからきているものであって、あまりお目にかかれないような美しい女性に例えられていました。胡蝶蘭は左右対称の美しい花であることから、手の届かない完璧な女性をイメージさせる花です。花言葉が、幸福が飛来してそれが安定して長く続くようにという願いを表しているからこそ、新婚の夫婦にぴったりの花です。真っ白な胡蝶蘭を贈る事で、温かい家庭を築けますようにというメッセージになります。

そして、ピンクの胡蝶蘭が持つ花言葉は「あなたを愛する」です。ロマンティックな場面においても活用する事ができて、告白やプロポーズなどのシーンで相手にプレゼントすることで愛の深さを表す事ができます。大切な方に贈る事で、思いの深さをさりげなくアピール事ができます。その美しい見た目と香りもあって、上品なイメージや高級なイメージもあります。

胡蝶蘭にはポジティブな花言葉をたくさん持っています。縁起を大切にする日本において、胡蝶蘭を選択するのは大きなポイントになります。大きな節目にはちょっと高級のものをと考える日本の文化が、胡蝶蘭が好まれる理由にもなってくるのが事実です。

胡蝶蘭と花言葉

暖かい地域を中心に分布するラン科の植物である胡蝶蘭は、花屋さんでのひときわ目を引くものであって、そのたたずまいは凛とした気品に溢れています。胡蝶蘭はそこにあるだけで豪華な雰囲気であって、花の贈り物の定番となっています。

日本ではビジネスの場で重宝されており、これは決して胡蝶蘭の豪華な雰囲気だけにとどまらず、花言葉が大きく関係しています。古代ギリシャの時代から蘭は子孫繁栄と結び付けられ、これが現代まで受け継がれて繁栄のシンブルとなりました。だからこそ、縁起の良い贈り物として人気となったのが事実です。繁栄が訪れてほしい大切に方への贈り物とすれば、まず間違いありません。強い香りがなくて、これが女性への人気が高い理由となっています。出産祝いや安全祈願にも相応しいのが胡蝶蘭です。

また、胡蝶蘭は植物の中でも丈夫というセールスポイントがあります。枯れる事なく、安定して長い間人を楽しませる事ができるのも大きいです。そして、枯れてしまっても少しの手入れによって再度咲いてくれるのも縁起の良いイメージを与える事になります。室内でのわりと育てやすく、贈られた方にも負担が少なくて、これも人気の理由になります。

当サイトでは胡蝶蘭の花言葉についての解説をします。花言葉の意味を知れば、胡蝶蘭が贈り物として相応しい事がしっかり理解できるはずです。どういったシーンで贈り物とすれば良いかも分かる為、是非参考にしてください。