胡蝶蘭と花言葉

暖かい地域を中心に分布するラン科の植物である胡蝶蘭は、花屋さんでのひときわ目を引くものであって、そのたたずまいは凛とした気品に溢れています。胡蝶蘭はそこにあるだけで豪華な雰囲気であって、花の贈り物の定番となっています。

日本ではビジネスの場で重宝されており、これは決して胡蝶蘭の豪華な雰囲気だけにとどまらず、花言葉が大きく関係しています。古代ギリシャの時代から蘭は子孫繁栄と結び付けられ、これが現代まで受け継がれて繁栄のシンブルとなりました。だからこそ、縁起の良い贈り物として人気となったのが事実です。繁栄が訪れてほしい大切に方への贈り物とすれば、まず間違いありません。強い香りがなくて、これが女性への人気が高い理由となっています。出産祝いや安全祈願にも相応しいのが胡蝶蘭です。

また、胡蝶蘭は植物の中でも丈夫というセールスポイントがあります。枯れる事なく、安定して長い間人を楽しませる事ができるのも大きいです。そして、枯れてしまっても少しの手入れによって再度咲いてくれるのも縁起の良いイメージを与える事になります。室内でのわりと育てやすく、贈られた方にも負担が少なくて、これも人気の理由になります。

当サイトでは胡蝶蘭の花言葉についての解説をします。花言葉の意味を知れば、胡蝶蘭が贈り物として相応しい事がしっかり理解できるはずです。どういったシーンで贈り物とすれば良いかも分かる為、是非参考にしてください。